摂津・三田の人と自然 兵庫県立有馬富士公園
               9月バタリンピック


 穏やかの9月13日の日曜日に 兵庫県立都市公園 有馬富士公園 でバッタの飛行時間を競うバタリンピックを楽しみました。

 トノサマバッタ、マダラバッタ、オンブバッタ、ショウリョウバッタ、クルマバッタ、等々には多くの種類が載っている「キッピー山の生き物図鑑11 さんだのばった」でバッタの勉強です。トノサマバッタは名前は聞いているのですが本物を見てもすぐに判りません。いかに自然と離れた生活をしていたか。情けないことです。




 「キッピー山の生き物図鑑11 さんだのばった」にはバッタの体の各部の名前が紹介されています。克明に名前を付けられています。



自然学習センタで競技のルールの説明が終わって、出発準備です。





 競技会場の「草地の生態園」に着きました。




 「草地の生態園」で競技に出場する選手探しです。今年は少し不作かな?




 バッタがたくさん取れました。よく飛ぶのはどれかな!




 僕はバッタを飛ばす、ママはストップウオッチで飛行時間を計測です。





 どんだけ飛んだかな?




 競技の記録です。20秒近く飛んでいます。
 「コツは、バッタが地面に着かないよう追っかけることです」と優勝者が披露して下さいました。








ホームへ戻る