しまなみ海道 平成20年春 
 (6) 伯方島から伯方・大島大橋を通って・大島へ 

●道中を見る

 伯方島は、村上水軍や伯方の塩で有名な島ですが、橋の都合上歴史公園や塩田の有る島の中心を通らず西の海沿いを歩く4.5Kmの道中です。

 大三島橋を降りてしばし歩くと白いスマートな伯方・大島大橋が見えます。伯方・大島大橋は、普通の橋の伯方橋と吊り橋の大島大橋の総称で見えているのは吊り橋の大島大橋です。
 伯方町観光マップに「海風と陸風の十字路」とあります。海からの風がさわやかに吹いています。これは海風なんでしょうか。伯方S・Cパークで塩アイスクリームを舐めながら感じています。
 伯方・大島大橋に行く道は左側に曲がります。美しい山藤がさく整備された道を800m程行くと橋に着きます普通の橋の伯方橋は320m、吊り橋の大島大橋は橋長が840mです。大島大橋の橋長840mの吊り橋を支えるアンカーや島の間の見近島に降りる道や橋を吊っている非常に大きな金具や車道が1つしか使っていない2つのトンネルを眺めながら穏やかな日を浴びながら渡ってきました。
 橋から降りる途中の道で鶯の子が道の真ん中にいました。 ちょっと、突いたら遠くに行ったんですが、今巣立ちの時なんでしょうか。自転車はシャーッと来てパッと行きます。可哀想です。轢かれないようにしていたら親鳥がきました。



は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●伯方島から伯方・大島大橋を通って・大島へ



伯方・大島大橋が見えました。白いスラッとした吊り橋です。車は左に曲がります。我らはまっすぐ行ってショートカットの道があるのでしょう。
海風と陸風の十字路 伯方町観光マップとあります。風がさわやかに吹いています。これは海風なんでしょうか。海から吹いてきています。
道の駅 伯方パークから橋を写しました。 伯方・大島大橋に行く道は左側に曲がります。 瀬戸内海横断自転車道の案内です。
橋に行く歩道です。こういう整備された道を800m程行くと橋に着くようです。山藤が美しいです。 伯方・大島大橋です。
道路情報には何も入っていません。穏やかな日です、大島まではあと2kです。
伯方・大島大橋 全体一般図です。
伯方・大島大橋に入りました。
ここから橋が2kあります。
これから大島大橋に入ります。
ここまでは伯方橋。普通の橋です。これから 大島大橋 橋長が840m吊り橋です。
今渡ってきた伯方橋です。
これは普通の320mの橋です。
大島大橋 橋長840mの吊り橋を支えるアンカーです。 大島大橋は見近島と大島の間の橋のようです。
見近島に降りる道です。
見近島にある橋脚の下から撮りました。 大島大橋の中央部分にある橋を吊っているところの金具です。
非常に大きな金具で橋を吊っています。非常に大きな金具は非常に大きなケーブルにぶら下がっています。
大島大橋を渡り終えました。
大島大橋をよく見ていると車道がトンネル1つ分しか使っていない。もう1つトンネルがあるのですが。
鶯の子が道の真ん中にいます。
ちょっと、突いたら遠くに行ったんですが、今巣立ちの時なんでしょうか。
自転車がシャーッと来てパッと行きます。可哀想です。轢かれないように。親鳥がきました。
伯方・大島大橋を降りてきました。下から写真を撮りました。 見近島自然公園案内と書いてあります。
途中にあった島の案内です。


ホームへ戻る