歩き遍路 平成19年春 
 (34日目)  61番香園寺→62番宝寿寺
            →63番吉祥寺→64番前神寺

●34日目の行程を見る

 61番香園寺→62番宝寿寺→63番吉祥寺→64番前神寺に行く、10Km程度の遍路です。
 海沿いの遍路なので昼頃に終わります。昼からはお楽しみです。





















































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●39番延光寺から40番観自在寺へ


第61番札所 栴檀山香園寺
この地を訪れた弘法大師が唐から請来した大日如来像を寺に安置し、栴檀と呼ばれる貴重な香を焚き染め護摩を修したとされる。
山号「栴檀山」はそのエピソードに由来する。また安産祈願の寺として全国的に知られ別名は「子安の大師さん」
鬱蒼とした森の向こうに61番香園寺見えて来ました。
広い敷地の中にあります。
鬱蒼とした森の向こうにビルヂングが有りました。
お寺とは思えない、思い切った建物です。
近代的なお寺です。61番香園寺。2階に本堂と太師が同時に祀られています。座席はシアター風です。

第62番札所 天養山宝寿寺
本尊は安産に霊験のある十一面観音で、弘法大師が光明皇后の姿を模して刻んで霊像とされている。

62番宝寿寺です。
62番宝寿寺の太師堂です。今、お寺は工事中です。 62番宝寿寺の本堂です。本当の本堂は工事中みたいです。

第63番札所 密教山吉祥寺
毘沙門天を本尊とするのは四国霊場で唯一。
本堂の前から目をつぶって願い事を念じながら成就石に近づき、
金剛杖を直径30-40cmほどの成就石の穴へ、穴に通ったら願いが叶うといわれる。
63番吉祥寺です。 63番吉祥寺の山門です。
63番吉祥寺の太師堂です。 63番吉祥寺の本堂です。横に工事の車があります。

第64番札所 石鉄山前神寺
霊峰石鎚山のふもとに伽藍を構える。修験道の中心地として信仰を集めてきた。
大師堂奥の石段を登るとかって滝行が行われていた「御滝不動尊」がある。
一円玉を投げて岩肌に張り付けばご利益があるという。
64番前神寺の山門です。 上の方に本堂が見えます。
64番前神寺の本堂です。 64番前神寺の本堂です。 64番前神寺の太師堂です。

うちぬきの案内板です。
安知生の水です。
おいしかったです。
うちぬきの水、石鎚山から生まれた水です。パイプを地中に打ち込むだけで地下水が自噴するらしいです。
今日はここのホテルにします。
3150円です。橋の近くです。これを渡れば西条市です。

これからお楽しみです。遍路装束を改めて西条市内見学です。
目当ては、アサヒビール西条工場の見学です。うちぬきの水で作ったドライを一杯飲みます。
西条駅です。昔来たときとイメージは同じ様ですが、大分変わっています。店もそれぞれ立派になっているような感じがします。 JR西条駅前です。15,6年前の面影を残して新しく立派になっています。
水で色々アレンジしています。押したら水が出る名水100選の所です。 うちぬき井戸水らしいです。地中に土管を打ち込むと湧いてくる石鎚山からの水です。飲めます。美味しいです。
アサヒビールの試飲場です。
西条のアサヒビール四国工場の10周年記念見学会に参加出来ました。
西条のアサヒビール四国工場の試飲場で写して貰いました。3杯まで飲めます。うれしいです。 私には見慣れない景色です。山が沢山重なって見えます。


ホームへ戻る