歩き遍路 平成19年春 
 (33日目)  60番横峰寺

●33日目の行程を見る

 今日は、焼山寺と並び称される遍路ころがしで有名な60番横峰寺を打ちます。
 丹原町を越えて、750mの頂にある横峰寺を打って海岸近くの小松まで戻る32Km程度の遍路です。

































































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


宿泊した休暇村瀬戸内東伊予で撮って貰いました。 宿泊した休暇村瀬戸内東伊予です。
歩いてると「お遍路さん お遍路さん」と声が掛かりまして、お接待に小さな人形を戴きました。 小さな人形をお守りにします。
リュックに付けて遍路の無事を見守ってもらいます。
リュックに付けたお人形を戴いたおばさんと一緒に撮って貰いました。
リポビタンDをお接待していただきました。 リポビタンDをお接待戴いたおばさんと一緒に千葉の人に撮って貰いました。
スーパーで買い物していたらトマトを3つ戴いたのですが、2つ辞退して1つ戴きました。 トマトを食べながら歩いてると家から車で出てくる人と目が会いました。笑っておられました。そして、車を止めてじゃこ天2つお接待戴きました。値段が付いていました。売り物だと思われます。有り難う御座いました。
丹原町に行く道をこの交差点の大分手前の古美術店で聞きましたら、お客さんのおばさんに50円のお接待戴きました。
丹原町の中心と思われるところです。かなり前に来たときのスーパーが大きくきれいになっています。
丹原町は、私の母親の出身地です。旧姓は今井です。丹原小学校の先生に話したら今井は多いと仰っていました。地図を見ると、今井と云う地名も有りました。 丹原市立丹原小学校です。母親も昔、ここに通ったのかなあ。
中山川の上からこれから行く60番横峰寺 の方向を写しました。あのギュッと立ち上がっている山の上に60番横峰寺があります。
四国の道案内図です。
中心は、横峰寺です。

昼食を摂らして貰ったお寺です。大頭バス停の近くです。
60番横峰寺に7kです。ここから道がだんだん細くなります。途中、通行止めの所があるらしいですが、歩きは行けると思います。
車両通行止めです。歩行者は通行できるとあります。期間は7月末までです。崖崩れが起こったらしいです。 60番横峰寺への登り口です。川の横にあって、立派な道です。 おっと、見とれる様な渓谷美です。この上の方で土砂崩れが起こったようです。
車両通行止めです。歩行者は通行できます。なんだか恐いような道です。困りました。
車両通行止めの看板の所から100m上がったところです。川が左になりました。あの看板の所がターニングポイントです。
大規模な砂防ダムが造られています。
お遍路休憩所を右上に見えます。 お遍路休憩所を右に見て左側を写したらこの様に暗渠になっています。地図では川が無くなった地点です。
お遍路小屋の中に新しい布団と毛布が置いてあります。どこでも泊まるのは御法度なんですが、ここでは用意されています。 なんて今日は水をよく飲む日なんでしょうか。あそこの宿屋で貰ったペットボトルが開いてしまいました。それ以外にも2,3本飲んでいますから。ここで水を入れて、上で飲みます。冷たい水です。
先程の休憩所から60番横峰寺まで2.2kです。こういう階段が最初にあります。 休憩所で飲んだ水の水源はここなんでしょうか。きれいな水が流れています。
60番横峰寺まで1.9kの道路標識です。 持って帰りたい様な景色です。水がチョロチョロ流れて、苔がむして、日が当たらない、木漏れ日だけが差しています。水の瀬音がします。
千葉から来られた夫婦のお遍路さんです。野宿2,民宿1の割合で、泊まられてるそうです。
かなりきつい登り坂です。ロープが張ってあります。
60番横峰寺まで0.4kの標識があります。通りがかった人に聞いたら、最後の階段がきついと言われてました。わざわざ0.4kの標識があるのはそのせいでしょうか。

第60番札所 石鎚山横峰寺
西日本の最高峰、石鎚山の中腹にあり山霧けむる深山の霊場。
境内には脳病にご利益があるという「石仙菩薩像」があり、石楠花の名所としても知られている。
参道が見えます。やっと着いたようです。この階段を作った人に感謝しながら、この階段の段が高いので苦労して上がってるという難癖を付けながら・・・有り難う御座います。 60番横峰寺の山門です。左の方の階段から上がってきました。
60番横峰寺の太師堂です。
60番横峰寺の本堂です。
60番横峰寺から61番香園寺奥の院に行く道です。割と整備されて、少し急な下りですが、どんどんと行けます。 広い道は1k位でした。遍路道に入ってきました。61番香園寺奥の院への道です。
61番香園寺奥の院まで3.9kです。後は下りばかりだと思います。 地図に危険箇所とありました。それがこれなんでしょうか。崖崩れみたいな所です。行って戻って、行って戻ってするのでしょうか。そんな気がします。
四国に来て、ミミズが大きいなあと思ってたんですが、道を歩いてたので写しました。30cmは有ります。 奥の院です。昭和8年に出来たそうです。



ホームへ戻る