歩き遍路 平成19年春 
 (30日目)  52番太山寺→53番円明寺

●30日目の行程を見る

 52番太山寺、53番円明寺を打って伊予北条までの25Km程度の遍路です。
































































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●39番延光寺から40番観自在寺へ


道後温泉で宿泊した全日本トラック協会保養センター道後やすらぎ荘です。
道後温泉を出てしばし歩いて護国神社の横で女の方に「お遍路さん お遍路さん」と声が掛かりました。見ると窓からこれをお接待して戴きました。有り難う御座います。
お接待を受けた辺りです。進行方向を写しました。

第52番札所 瀧雲山太山寺
鎌倉時代に建立された立派な本堂は
豊後の国の真野長者が海難を逃れたお礼に
一夜で建立したのが始まりとある。

52番太山寺は1.9kです。メモリーを新しくしたので念のため撮りました。

52番太山寺の山門です。
山門を潜ってもまだ本堂にとどきません。納経所も150m先です。かなり広いお寺です。 ツツジが美しそうなお寺です。
山門です。その奥に本堂があります。急な階段を登った上の大きな山門です。 山門越しの本堂です。 52番太山寺の本堂です。
52番太山寺の太師堂です。 52番太山寺の鐘突堂です。すごい蜂の大群です。

第53番札所 須賀山円明寺
松山市の郊外にあり、民家に囲まれた庶民的な寺。
日本最古といわれる銅板の納め札や
県下で一基のキリシタン灯籠、
本堂に左甚五郎作とも伝わる巨大な龍の彫刻など珍しいものがある。
53番円明寺の山門です。八脚門は、重要文化財です。
こぢんまりとしたお寺です。
左の山門は、重要文化財の
八脚門です。
53番円明寺の太師堂です。 53番円明寺の山門です。中山門というのですか、第2山門というのでしょうか。 53番円明寺の本堂です。
松山市の大谷トンネルを出たところの海です。養護院のある北条の方に向かって写しました。 沖の方にフェリーが見えます。松山から本州に行く船でしょうか。霞んでいるのは本州でしょうか。 今日泊まる北条水軍ユースホステルの付近を撮りました。あの鳥居の近くらしいです。
近くの、天然温泉に汗を流しに行きます。
夕日が美しい立派な温泉です。
早く行かんと、夕日が沈んでしまいます。
今日泊まる北条水軍ユースホステルの付近です。
向こうの島は、鹿島です。



ホームへ戻る