歩き遍路 平成19年春 
 (27日目)  久万高原町に向かって歩く

●27日目の行程を見る

 内子から770mのひわ田峠を越えて久万高原町に向かう、40Km程度の遍路です。
 あいにく雨の遍路になりましたが、途中で筏祭りに参加でき思いで深い遍路です。

















































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●内子から770mのひわ田峠を越えて久万高原町に向かう


宿泊した龍王荘です。
内子からちょっと離れた山の方にあります。
龍王荘にあった案内板です。 国道379号線の途中の富浦という集落の近くで写しました。宿を出たときは日が差してたのですが、今はかなり曇ってきました。

ここは富浦という集落です。
富浦地区の方の一斉奉仕の日です。花壇の手入れとかされてるようです。
お遍路無料宿です。
左の小さな小屋がお遍路無料宿です。 大瀬の集落です。立派な家が建っています。
成留屋ミュージアムの二丁目ポケットパークです。巨大な山菜のゼンマイのモニュメントの下にあるお堂の框で休まして貰いました。
二丁目のかたは、井戸端会議に使ってられるのでしょうか。
成留屋ミュージアムの二丁目ポケットパークの案内です。 大瀬の集落です。立派な町並みです。家がしっかりしています。儲かってるんやなあ。
生憎と雨になってきました。前の遍路さんが見えます。前の遍路さんはカッパを着てしっかりと雨対策をしています。 大瀬地区の一年に一回のまつり、いかだまつりです。沢山の人が来られています。 おばさんにお接待戴きました。うどんの費用300円と田楽を1本づつ戴きました。有り難う御座います。
川まつりの、うどんの容器です。山から竹を切られてそれを容器にされています。川まつりと1つ1つ焼き印が押されています。沢山戴いてお腹が一杯になりました。 お接待に戴いたうどんを食べてるところを写して貰いました。
一緒にお接待を戴いた方です。
あちこちで、大きな鍋でうどんをゆがいています。この地の名物の釜揚げうどんです。ご馳走様です。
元気に魚取りです。 元気な声が聞こえてきたので振り返ると、何かが近づいてきます。 いかだまつりのメインエベント、筏が着きました。かなり長い筏です。沢山の人が乗られています。
「筏流し」の案内です。
昔の伝統を大事にされています。
右方向が会場の川原です
トンネルを抜けたらすぐに右に曲がります。県道42号線に沿って久万高原町に向かいます。かなり長い高原らしいです。
右に曲がって久万高原を越えて久万町に入ります。
44番大宝寺まで
ひわ田峠を越えて13.4Kです。3時間の散歩コースと同じですが高さがあるのが心配です。行きます。
県道42号線です。中央線の無い道です。 県道22号線に入った所にある看板です。
今は左の真ん中くらいにいます。
水は豊富です。こんな所があったので、喉を潤しました。
冷たいです。気持ちいいです。

ひわ田峠の遍路道の入口です。ここを通っていきます。
44番大宝寺まで7.8Kです。 左に行けば遍路道です。今日は天気が悪いので右側の林道を行きます。
ひわ田峠の遍路道の登り口です。 ひわ田峠770mです。山が上がって、山が下がる感じです。

峠を下りてきたら町が見えました。落ち着いた町です。
雨中の遍路です。頭のてっぺんから、つま先までべちゃべちゃです。
早く、宿ですっきりしたいです。



ホームへ戻る