歩き遍路 平成19年春 
 (18日目)  主に国道56号を足摺岬に向かって歩く

●18日目の行程を見る

 次は第38番金剛福寺を打ちに行きます。第38番金剛福寺は、足摺岬の断崖に建っていて、ここから85Km程有ります。足摺岬の第38番金剛福寺を昼頃に打ちたいので、途中二日掛けます。今日は峰の上、熊井のトンネルを通ってオーシャンビューの浮鞭の近くまでの降り道の33Km程の遍路です。



Googleで作成した「歩き遍路MyMap(高知)」の18日目の地図と航空写真です。
Googleで見る   
(Googleで見る場合、別窓でGoogleの地図を開いて「歩き遍路MyMap(高知)」を検索した方が思い通りの操作が出来ます。)




































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●37番岩本寺から熊井へ


第37番札所 藤井山岩本寺
阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩、不動明王、地蔵菩薩の五尊を本尊とする珍しい霊場。

37番岩本寺の本堂の内部です。
6時から朝のお勤めです。
本堂内部の天井です。
本堂建立の時、広くから集められた絵を集められました。
本堂内部の天井です。
37番岩本寺の朝食に付いていた袋です。お接待して頂きました。 37番岩本寺の朝食の風景です。 37番岩本寺の泊まった部屋です。真新しいです。
37番岩本寺の太師堂です。 37番岩本寺の本堂です。 37番岩本寺の鐘突堂です。
37番岩本寺の宿坊です。この二階の7番に泊まりました。 37番岩本寺の太師堂です。
37番岩本寺の道路側から撮りました。
四万十市まで42kです。日が照ってきました。今日も天気になってくれるように祈っています。 片坂第1トンネル、第2トンネルを抜けたところです。片坂第2トンネルは130m大型車が轟音を出して行きます。途中で大型車2台に抜かれたのですが、その度毎に暴風で体が傾きました。
伊与喜の町です。このバス停には名前が書いてありますが、書いてないバス停が多いです。


●熊井のトンネル

国道と分かれて熊井の方に行きます。左の方の道を行きます。 熊井トンネルです。
「トンネルというものは入口は大きいが出口は小さいものじゃのう」と言った人があるという。
熊井トンネルです。明治38年に工事が完了しました。90mとあります。
熊井トンネルの中から行く方向を写しました。鬱蒼として緑が映えて美しいです。 熊井トンネルの中から行く方向を写しました。緑が美しいです。鳥達の囀りも美しいです。 熊井トンネルの中と緑のコントラストが美しいです。
熊井トンネルです。明治38年に工事が完了し、長さ90mあり「トンネルというものは入口は大きいが出口は小さいものじゃのう」と言った人があるという。
レンガは、佐賀港から一個一銭の運び賃で小学生などが一~二個ずつ運び、熊井側の石張りは二人の職人が右と左にわかれ腕前を競ったといわれる。
熊井のトンネルを出てから来た方を写しました。

●熊井のトンネルから浮鞭まで

佐賀町中津野村の「水神坂」の昔話。 珍しいチョウチョです。卵を産んでいるのでしょうか。近づいても動きません。
白浜の向こうにある磯、岩場に打ち寄せる白い波ここで昼食を摂りました。佐賀の海です。
展望台から撮りました。すごい風です。今日は曇っています。菅笠を取って歩いています。 展望台から撮った写真です。これから行く方向を写しました。
展望台です。今日は風もあって曇っています。足も痛いので早いこと宿屋に入るつもりです。 黒潮鉄道の土佐白浜駅です。先程の展望台は1つ手前の佐賀公園駅が近いです。

井の岬トンネルです。長さ320mです。これが突端を短絡する道です。これで中村市の方に向かいます。よく歩いたものと思ってます。
有井川橋から撮った海の状況です。
すごい風なので岩の所が白く波だっています。

有井川橋です。





ホームへ戻る