歩き遍路 平成19年春 
 (17日目)  37番岩本寺

●17日目の行程を見る

 JR須崎駅から37番岩本寺へ遍路します。JR須崎駅から8Km地点の須崎市と中土佐町の境が標高200mです。そして、久礼で海沿いを歩き、JR須崎駅から20Km地点の標高300mの七子峠を越えると37番岩本寺まで標高200m~300mを遍路です。
 JR須崎駅に夜行バス着いてから全行程は34kmを遍路するので体力が持つか心配です。
ともかく出発です。



Googleで作成した「歩き遍路MyMap(高知)」の17日目の地図と航空写真です。
Googleで見る   
(Googleで見る場合、別窓でGoogleの地図を開いて「歩き遍路MyMap(高知)」を検索した方が思い通りの操作が出来ます。)




































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●JR須崎駅から土佐久礼駅へ


須崎駅です。乗ってきたバスです
須崎駅です。ここから再開始です。
須崎の朝市です。
沢山の店が出ています。
須崎の朝市が延々と続いています。100軒以上あると思います。 朝市を抜けると桜並木です。
桜祭りは終わったようですが、桜はまだ咲いています。
金剛杖です。10cmの目盛りが辛うじて見える所から始まります。
今までで10cm減りました。
須崎の川端シンボルロードです。きれいな小川が流れて桜の木が沢山あります。向こうは車道です。立派な町です。
須崎トンネルです。車道は狭く、歩道もなく困ってたんですが、実際に来てみたら右側の方に歩道トンネルがあります。長さは146mです。 須崎歩道トンネルです。長さは146m,1987年に出来たと書いてあります。これを通っていきます。安心です。 須崎の市街を抜け国道56線に沿って川を渡ってずっときたら、ずーっと坂でした。昔々大昔に自転車で来たあのつらい坂がここだったのでしょうか。
峠のトンネルの手前にこの様なものがありました。
昔、神戸沖で見たようなものです。ひょっとしたらセメントを運ぶベルトコンベアでしょうか。
角谷トンネル420mを右側通行しています。
左手にライトを持って、右手で菅笠を押さえて通っています。
自転車も通っています。すごい大型車が爆音を響かせて真横をすれすれに通っていっています。怖いです。
角谷トンネル420mの出口です。 峠のトンネルを抜けて少ししたらこういう絶景の場所になります。ドライブイン絶景というのがありました。確かに絶景です。快晴です。

国道56号線から右に入る遍路道です。こういう標識をしてくれてるので有り難いです。
焼坂峠への遍路道の入口です。左側がJR,JRのずっと先にJRのトンネルがあります。右側の道を行きます。上の方が、あれが焼坂峠なのでしょうか。かなり高いです。 ここから急な坂になりそうです。上り坂です。右側にせせらぎがあります。下にはJRのとんねるがあって、電車の音が聞こえています。今、トンネルに入ったようです。
鎖が出て来ました。あまりにも急すぎてこれを持てということだろうと思います。先達が残してくれたものです。有り難う御座います。 鎖の先はこういう坂です。かなり急です。雨が降っていたら滑りそうな坂道です。 まだまだ急な遍路道です。大分続いています。だけど、朝の山の上から空が見えます。青空です。あの辺が頂上なのでしょうか。もう近いと思います。
暑い汗をかいてあえぎあえぎ、休み休み登ってきました。峠はまだなのですが、通信ケーブルの為に切り開いたところから下を見ました。ものすごい絶景です。ケーブルがなければもっと絶景なのでしょうが。 峠を越えると下り坂です。広々として気持ちいい下り坂です。そんなに急でもありません。
焼坂峠からの降り口です。散歩道みたいな気持ちいい下り坂が続いています。人っ子一人いません。 焼坂峠から国道に出て来たところです。途中に四国電力の工事車両が十数台止まっていました。通り抜けできないとありますけども、これは通り抜けできました。 久礼駅前商店街のようです。人に聞いたのですが、300m程行ったら駅らしいです。
杉玉が下がっています。地酒純平の醸造元です。西岡酒造です。 西岡酒造です。純平 土佐の一本釣りの町で純平らしいです。一杯飲みたいが駄目です。歩けなくなります。
土佐久礼駅です。
土佐久礼駅です。 土佐久礼駅です。


●土佐久礼駅から37番岩本寺へ

大坂橋です。遍路道の大坂越えというのは此処が起点なのでしょうか。ここから始まりです。
37番岩本寺への遍路道です。
桜吹雪になっています。満開の名残があります。
四国横断自動車道の工事現場です。ここは奥大坂というところの工事をしています。遍路道はこの様に舗装された平坦な道です。
広い舗装された道から分かれます。ここで右の方に遍路道を辿ります。川に沿って進んでいきます。 七子峠まで2kになっております。大分遍路道らしくなってきました。 七子峠への登りの遍路道です。
標識にあったのですが、林道ということで、幅3.0mあります。どこまで林道を遍路道としてるのか分かりませんが、もう少し行きます。
平坦な道と思えばすぐに枝分かれです。右側の方に行けば七子峠1.0kmです。この様にゴロゴロした急な坂が続いています。まあ上がります。 遍路道です。1mもない山と谷の間の斜面の所を削った様な道です。こういう道がずーっと続いています。今のところ急な坂は少しだけでした。 明るくなってきました。頂上に近いんでしょうか。峠に近いんでしょうか。でも急に坂がきつくなってきました。ものすごい坂です。これを登ります。
もう峠と思うんですけど峠に近づいたらこの石段、この階段急な階段です。国道を走ってる車の音が聞こえるのでもう国道まで少しと思います。峠も近いと思いますが、ぞっとする階段です。登らなしょうがないです。登ります。

地域案内板です。現在地は七子峠となっています。
七子峠に上がる階段です。お大師さんに押して貰い、自分の手で手すりを持って二人三脚で上がってきました。 国道の横にひっそりと掘り割りの道があります。これが昔の峠じゃないかと思います。その横に卒塔婆が立っています。
昔の峠じゃないかと思う所に立ってる卒塔婆です。沢山立っています。朽ちたのも沢山あります。 七子峠から窪川町の方に歩き出しました。向こうに国道が走っています。田圃は水が張られています。もうすぐ田植えでしょう。カラスがおったり、山桜も咲いています。

七子峠から窪川の方に降りています。なだらかな坂です。私は旧道を通っています。右に川があって畑があってその向こうに国道があります。

影野駅です。37番岩本寺に6時までに着かないとあかんのですが、ちょっと心配です。約11kあります。2時間で11kはちょっと心配です。
第37番札所 藤井山岩本寺
阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩、不動明王、地蔵菩薩の五尊を本尊とする珍しい霊場。
これは土佐黒潮鉄道の窪川駅です。 これは。JR窪川駅です。窪川駅が二つあるとは分かりませんでした。もう一つの大きいのが黒潮駅です。
37番岩本寺の山門です。や
っと辿り着きました。





ホームへ戻る