歩き遍路 平成19年春(11日目) 
        26番金剛頂寺→27番神峰寺

●11日目の行程を見る

 32Km程の緩やかな行程です。しかし最後に、500mの登り降りの「真っ縦」と云われている遍路道が待っています。
 




Googleで作成した「歩き遍路MyMap(高知)」の11日目の地図と航空写真です。
Googleで見る   
(Googleで見る場合、別窓でGoogleの地図を開いて「歩き遍路MyMap(高知)」を検索した方が思い通りの操作が出来ます。)































は、撮影したおおよその時間です。正確な時間もありますが、ほとんどは15分単位に丸めています。


●26番金剛頂寺へ


宿屋を出てしばししてからの遍路道です。 遍路道の途中から写しました。一休みポイントです。昨日泊まった民宿が下の方に見えます。国道を挟んで海があります。
あと200mの地点です。かなり急なとこで一昨日の雨が降っている時に来てたらどうなっていたのでしょう。 遍路道を登り切ったら26番金剛頂寺がありました。26番金剛頂寺の山門です。山門に行くにはかなりの階段があります。 26番金剛頂寺の山門です。
26番金剛頂寺の山門を入って右手から室戸岬、室戸の市街地を眺望しました。 26番金剛頂寺の鐘突堂です。本堂の右側にあります。早速訪れた挨拶に一発打ちました。 26番金剛頂寺の太子堂です。
26番金剛頂寺の本堂です。 天狗問答のレリーフです。 天狗問答のレリーフです。お大師さんが19歳の時に魔物の類の往来が激しかったのでそれと問答して勝ったという話です。

●金剛頂寺から奈半利町へ

26番金剛頂寺を出てすぐの所の遍路道です。影が映っています。 土蔵造りの家の石垣の横の遍路道を通っています。 下りの遍路道です。
遍路道に咲いていました。 遍路道の途中、ほぼ降りてきた所です。そこから海を望みます。今日も20°位になりそうで暑くなるんじゃないかと思います。ものすごい晴天です。
馬目樫を原料にした土佐備長炭作りが明治から始まり、その土佐備長炭の廻船で栄えた古い町並みが残っています。
吉良川町の重要伝統的建造物群保存地区の入り口です。 吉良川町並み案内図です。
土佐漆喰と水切り瓦の吉良川の建物です。 吉良川の建物です。 吉良川町並みです。
防風石塀「いしぐろ」の説明板です。 これも防風石塀でしょうか。
立派な煉瓦塀です。
吉良川の松本歯科の近くでおばさんにこの袋を戴きました。歩いてるお遍路さんに渡してるということで有り難くお接待して貰いました。
おばさんは袋を私に渡したらさっと去って行かれました。カメラのレスポンスが遅いので後ろ姿しか写せませんでした。
おばあさんにお接待戴いた袋です。何でも入れて良いということなので使わせて貰います。
この海岸で休みました。穏やかな、暖かい日差しです。岩をかむ白い波があります。向こうに船がいたり穏やかな春の日よりです。 室戸市羽根町から遍路道に入ります。 室戸市羽根町から遍路道に入る所です。
屋根と庇の間が凝っています。伝統的な建物です。 羽根町にある藏と思われる伝統的な建物です。 遍路道です。
草刈奉仕団と札があります。快適に通していただいてるのはこの人たちのお陰です。有り難う御座います。 遍路道の途中で遍路道を補修されている人達に会いました。有り難う御座います。安心して通れます。 遍路道の途中にベンチや白い箱や花が有ります。接待所のようです。
遍路道の途中にある坂の所でお接待です。白い箱の中を開けたらトマトがありました。手に持ってるトマトを頂きます。 遍路道の途中にある接待所のベンチに座って羽根の町を写しました。室戸の方向です。
遍路道を下っていくと海が見えました。太平洋です。これで一山超えたと思います。真っ青な海、水平線がずーっとまっすぐ 奈半利町です。
金剛頂寺から20kmきました
27番神峰寺まで12kです。

●奈半利町から27番神峰寺へ

土蔵の薬局とありました。下を見たら近代的なのですが、上を見たら土蔵です。 土蔵の薬局の説明板です。
昔から豊かな土地なのですね。
奈半利の駅です。線路はこちらにありません。線路はむこうしかありません。ここはターミナルです。
私の好きなのが売ってるのですが、持って帰れません。残念です。 スーパーでこんなのが売ってました。うらやましいなあー 今日の昼餉です。デラックス版です。
27番神峰寺へ行く参道です。ここは車も沢山通ります。 山桜が少し葉桜になりかけています。やはり暖かいのですね、この辺は。
遍路道を行きます。1.3kです。車の道は1.8kです。 遍路道ですこういう道が延々と続いています。
これが「真っ縦」と云われている参道です。
27番神峰寺の山門です。 27番神峰寺の山門です。 27番神峰寺の本堂の方向です。
27番神峰寺の本堂です。 27番神峰寺の太子堂です。
本殿前の庭がすばらしくきれいです。 こんな坂が続いています。下り坂で急なので膝がガクガクします。危ないですね、これは。膝が抜けないようにします。 宿泊した浜吉屋です。一階に泊まりました。





ホームへ戻る