歩き遍路 平成19年春( 4日目) 
    本名→建治寺→13番大日寺→14番常楽寺
    →15番国分寺→16番観音寺→17番井戸寺

 1番の遍路ころがしとして有名な焼山寺を越え本名の植村旅館で体を休めた。しかし、2番の遍路ころがしとして有名な20番鶴林寺→21番太龍寺の道と宿泊を考えるとのんびりしてられなし。しかし、少し寄り道することにする。

●4日目の行程を見る

 鮎喰川を左に右に見るながら下るルートになる。途中、標高400mの番外健治寺に一気に登りそして降ることになる。健治寺を下ると町中の遍路となる。









●本名の植村旅館→建治寺

 朝日を浴びて、植村旅館を出発します。鮎喰川に沿って下ります。
 空気がおいしい。新鮮です。 建治寺で、思わぬ荒行が待っていました。

植村旅館で宿泊した部屋です。
鮎喰川の横に建つ植村旅館です。
鮎喰川は、あぐい川と読みます。音声は間違って読んでいます。
本名の町並みです。
植村旅館を出てすぐのとこです。河原の所にごつごつとした石が沢山あります。この辺は青い石、青石が名産らしいです。
神山町立神山東中学校です。門扉がありません。門の所に柵があるだけです。家の前の中学校は門扉があって毎回開けたり閉めたりしています。なにか新鮮な感じがします。これが普通なんでしょうが。

遍路道地図でいう白嶽の近くから鮎喰川を写しました。のんびりしたええ風景、天気でおだやかな感じがします。

梅林の中の遍路道を歩いています。鶯の声を聞いています。鶯が多いです。一羽鳴いたら次が又応えて鳴くというふうに沢山鳴いています。鶯の谷渡りというのですか、あれを長いこと聞いています。
何処が道で、何処が崖で、何処が川で、何処が山肌か分かりません。歩いていたらその内赤いマークが出てくる事を期待して歩いています。 四国36不動霊場12番建治寺に着きました。山の頂上です。眺めもものすごく良いです。
建治寺から鮎喰川の方を見た景色です。絶景です。

本堂の前の玉砂利です。きれいに掃き清められてほとんど歩いてないような状態です。踏んでも良いのだろうか。ふと自問自答します。
修行道場に相応しく険しい石の道を一気に駆け上がるような所です。私は上から下りてきました。
どちらに行こうか?
私は、修行の身です。真っ直ぐです。
石がゴツゴツした道があります。石を削ったのでしょうか。滑りやすそうです。ちょっと慎重に行きます。
これは何が垂れ下がっているのでしょうか。鎖です。この坂を下りるのに、登るのに鎖を伝っていく。凄いですね。
鎖の元を確認します。
鉄のクサビが3本大きな岩に打ち込まれています。1本抜けても大丈夫。鎖とクサビはステンレスでない。大丈夫と自分に言い聞かせて降ります。

ここを鎖を伝って下りてきました。つるつる滑る岩、苔が生えてる岩、雨が降っていたらどんだけ滑りやすいのでしょうか。今日は幸い晴天が続いて水気が無いので安心して下りてきました。
鎖の道を下りてきた所です。修行の道場なのでしょうか。しめ縄が張ってあります。畑があります。
歴青岩でしょうか。大きな岩がごろごろあります。横の方にすじがあります。岩も繊維と同じようにすじがあったりするのでしょうか。 ここが鎖の道の終わりなんでしょうか。朽ちた鳥居があります。ここを潜って下りてきました。 建治の瀧案内図です
くさり場のあるBコースを来ました。

 建治寺のくさり場のあるBコースを赤い線で示します。
 建治寺の近くにくさり場があります。




●→13番大日寺→14番常楽寺




お遍路さん休憩所。お休みなして。上に風車と太陽光発電があります。ちょっと入ってみます。
小屋の内部です。きれいにして戴いて、いろんな食べ物、温かいお茶、冷たいお茶があります。発電は風力発電と太陽熱で作っているようです。 お遍路さんお接待電力供給作戦の案内板です。
感謝・感謝
13番大日寺の駐車場です。13番大日寺が前に見えます。止まって写真を撮ろうとしたら突然後ろから声が掛かってきました。たこ焼きの車が止まっています。おばちゃんが教えてくれました。もうちょっとで着くよ。と教えてくれました。 13番大日寺の本堂です。 13番大日寺の太子堂です。
お地蔵さん 13番大日寺の山門です。 一宮城趾の入り口です。
ここから見上げました。
14番常楽寺の入口です。高い石垣の上に家が建っています。 14番常楽寺の全景です。
14番常楽寺の太子堂です。

14番常楽寺の本堂です。右の大木はあららぎ大師と書いてあります。
14番常楽寺の本堂と太子堂の前です。ごつごつした岩があります。歴青岩なのでしょうか? 14番常楽寺の奥の院慈眼寺です。


●14番常楽寺→15番国分寺→16番観音寺→17番井戸寺




奥の院から延々と階段を上がってきました。腰の蝶つがいがおかしくなってきました。公園と書いてあるんですが、この先に15番国分寺があるのでしょうか心配だけど行ってみます。

ここが終わりです。赤い遍路マークがなかったのであやしいと思ったのですが、入口のとこにあったから来たんですが、もう少し分かり易くしてくれないかな。
15番国分寺の山門です。 15番国分寺の本堂です。
大型耕運機で畑を耕しています。そろそろ田植えか植え付けの季節になってきたのですね。
16番観音寺の山門です。 16番観音寺の太子堂です。 16番観音寺の本堂です。
17番井戸寺の山門です。 17番井戸寺の本堂です。 17番井戸寺の太子堂です。




ホームへ戻る