歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備
SPIでUSB(19) MAX3421とRX23TのUsbHostで
                    SOFを発生する

 MAX3421とRX23TのUsbHostでSOFを発生しました。発生したSOFは、シンクロスコープで観測して、解析しました。
 RX23Tは、32ビットの強力のマイコンでMAX3421の制御では余裕を感じます。

●実験の構成

 実験した構成を次に示します。
 上の連接した2枚の基板は、RX23Tを使用したUSBHostとUSBTargetです。
 下の基板は、USBケーブル上の信号を観測するアダプタです。


 



●SOF観測の結果

 リセット直後に発生したSOFと、任意時点のSOFを観測しました。
 各SOFをビット単位に分析したものを次に示します。


 





 




ホームへ戻る