歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備
SPIでUSB(17) OUT/DATAパケットを捕捉

 MAX3421を使ったUsbHostから出力した、OUT/DATAパケットを捕捉しました。
 USBケーブルには、SOFパケットをはじめ常時各種のパケットが流れていて、特定のパケットを捕捉するのは容易では有りませんでした。
 

●実験の構成

  実験した構成と、捕捉したOUT/DATAパケットを次に示します。
 パソコンのコマンド制御パネルで、コマンドを選んで、送信ボタンを押下して、OUT/DATAパケットを発生するコマンドを送信します。
 MAX3421側のマイコンは、受信したOUT/DATAパケット発生コマンドからデータを抽出して、MAX3421からOUT/DATAパケットを発生します。

 今回、このOUT/DATAパケットをUSBケーブル上で捕捉しました。
 OUT/DATAパケット(厳密には、DataStage)は、OUT TokenPkt、DATA Pkt、HandShakePktの三つからなります。波形の、UtRxAct がHigh の部分が相当します。 I_UtFsVpと I_UtFsVmは、USBケーブルに流れるシリアル信号です。
 DATA Pktをよく見ると、DATA Pidを先頭に、2バイトのデータと2バイトのCrcで構成されています。


 



 






ホームへ戻る