歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備
SPIでUSB( 8) MAX3421のAn3936Host機能を
            H8/3067で制御する

 SPIでUSB( 7)で作ったUSBペリフェラル/ホストコントローラのMAX3421ボードのUSBホスト機能をH8/3067で制御しました。
 USBホスト機能は、MAX3421のアプリケーションノート AN3936 に有るプログラムからUSBホスト機能を抽出してH8/3067用に修正しました。








実験中の写真です。

上:USBキーボード

左:ゲームパッド

右:MAX3421ボードとH8/3067




















●AN3936 から抽出したUSBホスト機能 はどんな動きをするの?

 ゲームパッドを接続してAN3936 から抽出したUSBホスト機能 を動かしてみた時のログとUSBケーブル上のデータの流れを次に示します。
 ログとUSBケーブル上のデータの流れに有る、@の様な記号で関係を示しています。

 動きは、ログ上の吹き出しに示します。






●AN3936 から抽出したUSBホスト機能のプログラム

 プログラムは次の5ファイルで構成しています。
  ソフトウエアは、イエローソフト社のCコンパイラとデバッガを使います。

 ・3421_Host.C Main() が有り、USBホスト機能を実行します。
   オリジナルコードからの主な変更点は、割込み関係の削除とキャストの(BYTE*)→(BYTE)です。
 ・SPI_FNs.c  ハードウエアを制御します。マイコンの相違はこのファイルで吸収します。
 ・SPI_FNs.h  SPI_FNs.c 用のヘッダファイル。
 ・MAX3421E.h  MAX3420とMAX3421のレジスタとビットの定義するヘッダファイル。
 ・usb.h    USBリクエストやディスクリプタの定義します。




ホームへ戻る