歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備

Vc++のMFCで分割窓のプログラム(3)
          等巾フォントの確認


 前のHP「MFC2 Vc++のMFCで分割窓のプログラム(2)描画を追加」を改造して等巾フォントの確認をしました。
 操作画面とプログラムの関係を纏めましたので記録します。

●操作画面の動きとクラスとの関係

 改造したプログラムの操作画面の動きとクラスの関係を、下の図に示します。

 上のペインにマウスで入力した位置を直線で結んだ折れ線と、等巾フォントで文字を表示してます。
 下のペインには、クリックした回数が5点と、OSが設定したままのプロポーシャルフォントで文字を表示してます。

 上のペインの文字と下のペインの文字を見比べると、上のペインの文字は等巾なことが判ります。
 等巾フォントは、SYSTEM_FIXED_FONT を使いました。









ホームへ戻る