USB-UARTブリッジ CP2102Nでエコーバック

USB-UARTブリッジ CP2102Nでエコーバックを試しました。
 エコーバックを試していて、ボーレイトの設定方法で疑問が湧き調べてみました。

●構成と動作

 実験した構成と、実験結果です。
 自作プリント基板にCP2102Nを実装して、TxDとRxDを接続して「1234」と送信と受信をしました。
 パソコン側は、TeraTermを使いました。


 


 



●ボーレイトの設定

 CP2102Nは、いろいろなボーレイトをサポートしています。
 CP2102Nは、いかなる方法でボーレイトをサポートしているか調べてみました。

 次のログは、調べた内容です。
 「1234」と送信と受信のエコーバックの途中で、ボーレイトを変更しました。
 TeraTermの初期ボーレイト設定は、9600bpsです。それを、110bpsから460800bpsまで切替ました。

 仕組みは原理的で、TeraTermでボーレイト設定を変えると、CP2102Nに設定コマンドが送信されます。USBパケットは、ベンダ^ー定義なので詳細は判りませんが。


 





ホームへ戻る