USBホスト(16) 自作Rx231でHID Echoを試す

 自作RX231基板で、サンプルファームウェアのHID Echoモードを試しました。

 試したのは、アプリケーションノート R01AN2297記載の、Echoモードです。
 アプリケーションノートのプログラムは、いろいろな応用に対応するためにか、LCDやいろいろなプログラムが入っています。このままでは可読性が悪いのでシンプルにしました。HID Echoプログラムは、スイッチやLEDが不要なので外部信号はUSB関連の3信号だけです。


●構成と動作

 構成は、ただ自作RX231基板とパソコンだけがUSBケーブルで接続されています。
 今回の自作RX231基板は、USBブリッジを使う構成のためRx231USB用に改造しました。それが、2本のジャンパ―線と赤いジャンパープラグです。

 自作RX231基板で信号D+とD-を改造して、RskRx231で試したシンプル版HID Echoプログラムを、自作RX231基板に書込み実行しました。プログラム変更は無しで、自作RX231基板用のRx231の型番を変更しただけです。 ここでは、動作しませんでした。USBの認識もされません。

 悩みながら、ユーザーズマニュアルをひも解いたら、「USB0VBUS」信号をプルアップする様に有ります。幸い、ジャンパープラグで対応できます。再度動作させると、USB認識もできるし、パソコンとも通信出来ました。

 中段の写真は、パソコン画面で、HIDEchoモードと対話しています。概略動作は次です。
 ・接続ボタンを押下で、指定の VenderIDとProductIDのデバイスを探し、有れば接続します。
 ・ファイルを開くボタンを押下して、送信するデータが有るファイルを開きます。 
 ・送信ボタン押下で、送信データを送信します。
 ・受信ボタン押下で、デバイス側でEchoされたデータを受信します。

 最下段の画像は、USBViewで認識した内容です。

 


 


 



 



ホームへ戻る