歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備
USBホスト(3)
  WinUsb(USBコンプリート4 )を試す

 「USBコンプリート 第4版」著Jan Axelson 14章 に掲載のWinUsbを試しました。

●試したWinUsbのハードとソフト

 著者 Jan Axelson氏のホームページからダウンロードしたプログラムと、以前に作ったPIC18F45550の基板を使って試しました
 Jan Axelson氏のホームページからダウンロードしたプログラムにはマイクロチップ社のフレームワークは含まれていないので、不足のプログラムファイルをマイクロチップ社のフレームワークからコピーしてビルドしました。






 マイクロソフト社が提供するUSB Viewでパソコンに接続しているUSBの状況を調べました。反転しているところが試しのWinUsbの内容です。
 Jan Axelson氏のホームページからダウンロードしたプログラムにはプログラムの説明が無いので動きが判りません。これを見ると、バルク転送用が2つ、インタラプト転送用に2つの計パイプが4つ有って、フルスピードで動くのが判ります。






●パソコンのプログラムと動き

 
 VisualC#で作成されたアプリケーションプログラムの動作状況とUSBテスタで見た動作状況を示します。
 赤まるの番号は、ボタン操作順を示します。

 バルク転送、インタラプト転送のボタンを押下すると、OutとInがペアで動作します。












ホームへ戻る