歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備

秋月 USB-IO2 のデータ転送を見る


 秋月 USB-IO2 のデータ転送を見ました。
 見た内容は、システム設定ロム読込み 、LED制御、スイッチ制御での、USBケーブル上のデータの流れです。
 転送データフォーマットは、次の本を参考にしました。

 

●実験の内容

 PC側のソフトは、秋月 USB-IO2 付属のCDに有る次の画面を持つソフトを使いました。
 秋月 USB-IO2 に、LEDとスイッチを一つ付けました。


 



 次の画面は、システム設定ロム読込み 、LED制御、スイッチ制御での、USBケーブル上のデータの流れを見たものです。
 writefile()関数実行前で止め、シングル実行させた時の、USBケーブル上のデータの流れです。OUT動作とIN動作が見えます、OSが自動的にしているのですね!
 私が注目した処を朱記しました。



 



 



 


●REPORT descriptor内容


 PCと秋月 USB-IO2 間の通路を見てみましょう。
 GET_DESCRIPTORリクエストで秋月 USB-IO2 からPCに渡される「REPORT descriptor」を次の様に整理します。

 整理して見えてきたのは、インプットレポート、アウトプットレポート共、ベンダー定義のただの64バイト転送です。
 PCと秋月 USB-IO2で、独自に定義したらよい様です。


 



 



 




ホームへ戻る