歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備

VisualC#を使い、FT240でLoopBackを試す


 前に記載したHP「VisualC#を使い、FT232でLoopBackを試す」を利用して、FT240でLoopBackを試しました。
 今回は、複数のFTD2xxデバイスからFT240を選択することと、FT240側でRx23Tで折り返す事を試しました。
 


●構成と実行結果

 4つのFTD2xxモジュールをHUBに接続して試ししました。

 下の図は、実行結果のDOS窓です。
 5このデバイスの内容が表示された次に、LoopBackデータ「Hello world!」が表示されています。
 
 4つのFTD2xxモジュールの内1つが複合デバイス(FT2232)なので、5デバイスになります。


 


 


●プログラムの修正

 VisualC#プログラムの修正個所を次に示します。

 FT240を指定してOpenすることと、ボーレイトの設定をやめました。



 



ホームへ戻る