歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備

FPGA → 同期モードのFT232H → 
         VisualC#で受けてファイル化


 R8CからのデータをトリガーにFPGAで8Kバイトのデータを発生し、同期モードのFT232Hでパソコンと接続します。パソコン側は、VisualC#のスレッドで受けて、グローバル配列変数に格納後ファイル化します。 
 

●構成と概要

 構成図とハードウエアを次に示します。
 今回は、FPGAテストデータを発生させ同期モードのFT232Hでパソコンと接続しています。
 パソコンのVisualC#は以前の記録と同様です。









●FPGA内で、FT232Hと同期モードで接続

 FT232Hと同期モードで接続するFPGA内の構成とシーケンスを次に示します。
 同期モードのFT232Hを効率よく動かすため、FPGA内では、3つのシーケンスが並列動作をしています。
 シーケンスの動作は、同期モードのFT232Hから出力される60MHzのクロックです。






●動作と結果

 動作中の波形を3つ記録します。この波形とファイル化データから正常動作が認められます。

 上の波形は、8Kバイトを409u秒で転送している全期間です。サンプリングが荒いので、波形が乱れています。

 中間の波形は、拡大したものです。2バイト転送が、6クロックの100n秒です。

 下の波形は、FT232HのnTxeが217n秒オフになった瞬間です。オンになったら転送動作が再開してるのが、確認出来ます。















ホームへ戻る