歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備

R8CのデータをFPGA→同期モードのFT232H→
  VisualC#のスレッドで受けて、
   グローバル配列変数に格納後ListViewに表示


 R8CのデータをFPGAで受け、同期モードでFT232Hと接続します。パソコン側は、VisualC#のスレッドで受けて、グローバル配列変数に格納後ListViewに表示します。これで、パソコンは、データを受けながらListViewに表示出来る事を確認します。 
 

●構成と概要

 R8C/26で19Byte単位のデータを、1mS毎に発生させ、FPGA経由して同期転送でFT232Hに送り、HighSpeedUSBパイプ機能でパソコンに送ります。 パソコンは、開始ボタンを押下するとワーカースレッドに移り、受信しながらListViewで表示します。
 受信処理部は、FT232Hからデータを受け取り、グローバル配列変数に格納することと、表示制御部に表示を指示します。
 表示制御部は、書込み位置指定のグローバル変数を監視して、直近の最大50データを表示するように画面表示部に指示します。
 画面表示部は、19バイトからなる一つのデータを表示します。

 今回は、1mS間隔で10個のデータを2回送りました。シンクロスコープの波形は1回のデータを捉えました。












●VC#のListViewで受信データの表示結果

 受信データを見易いように編集して表形式で表示した結果を次に示します。
 これは、19Byte単位のデータを1mS間隔で10個のデータを2回送ったものです。
 下の画像は、VisualStadioでDebugクラスを使って、受信データを表示しました。1mS毎のデータは、全て取りこぼし無く受信できています。












ホームへ戻る