歩き遍路 平成19年春(J1) 記録の準備

Visual C++のクラスに、
 FT-232Hを使ったEEPROM制御機能をまとめる


 FT-232Hを使ったEEPROM制御機能をVisual C++のクラスにまとめました。
 これは、C++のクラスの勉強がてらに作ったもので、拙いですが記録します。

●FT-232Hを使ったEEPROM制御機能とハードウエアの構成

 FT-232Hを使ったEEPROM制御機能の構成を次に示します。
 左端は、Visual C++のMFCを使った操作画面です。ダイヤログ画面で作りました。
 操作内容をラジオボタンに設定して、「実行」のボタンを押下で指令します。





 「Dlg クラス」は、MFCアプリケーションウイザードで自動的に作られるクラスです。
 ここには、ボタンが押下されたらラジオボタンの設定内容を次に送る単純なプログラムを実装しました。

 「sEpr クラス」は今回作成したもので、FT-232Hを使ったEEPROM制御機能をまとめました。
 ここには、「Dlg クラスからの操作指令を受けて、FT232H制御指令に変換する」関数群と
「FT232Hを制御する」関数群を実装しています。関数名は次のとうりです。





 ハードウエアの構成です。上はFT232Hを実装した基板、下はEEPROMを実装した基板です。
 基板間は、6本の電線で接続しています。






●Visual C++のクラス

 FT232Hを制御するクラスのプログラムを記録します。
 少し長いプログラムですが、内容は単純です。参考に記録します。






ホームへ戻る