7月24日(木) 孫が3人揃いました


 東京から孫が2人来て3人揃ったので、一時的に据え付けた孫用の棚の前で写真です。

1歳になったばかりの孫は
お父さんの膝で泣きわめいています。





棚は2階からから一時的に降ろして子供向きの飾り付けです。
七夕の飾り付けに似ています。




































 少し前ですが、上の孫がトーマスが好きなのでトーマス時計を作りました。
 トーマスの玩具の空箱や孫の写真で表面を飾り、時計から時計モジュールや針や文字盤を取り外してトーマス時計に取り付けました。土台は、虎屋の羊羹の空箱をネジで留めて作りました。
 クオーツ トーマス時計の完成です。





























時計モジュールや針や文字盤を取り外した時計の残りです。























クオーツ トーマス時計の裏側です。




























4月20日(日) 近くの博物館に恐竜ラボがオープンしました


 我が家から歩いて5分程の博物館「兵庫県立 人と自然の博物館」に「恐竜ラボ」が2月20日にオープンしたので早速見学に行きました。午前中にオープン式典が有ったのをNHKニュースで知ったので散歩の時に行きました。
 「恐竜ラボ」は、「兵庫県立 人と自然の博物館」の本館横に建てられたガラス張りの建物で、出入りが自由です。内部は、恐竜を岩盤から取り出す作業場と見学エリアはガラスで仕切られています。
 このガラスの向こうで1億年前の地層に有った恐竜の化石をクリーニングします。
 私が住んでいる所も恐竜が駆け回っていたのだろうかと思うとワクワクします。発掘現場は川の中で、雪解け水で恐竜の化石が水没すると云います。「恐竜ラボ」のガラスの向こうで自然のままの姿を慎重に取りだしてほしい物です。


兵庫県立 人と自然の博物館
本館 エントランス
「恐竜ラボ」正面 「恐竜ラボ」入口
「恐竜ラボ」横から
「恐竜ラボ」入口 見学エリア 「丹波竜フェスチィバル
の案内
見学エリアから作業場を
保護された恐竜化石がある岩盤と保護ジャケットを半分取り除いた恐竜岩盤
新聞記者とおぼしき人が写真と取っている 保護ジャケットを半分取り除いた恐竜岩盤 発掘調査の
「速報展」案内
発掘現場の状況
保護準備
発掘現場の状況
保護作業
発掘現場の状況
保護作業
発掘現場の状況
岩盤移動
恐竜化石の
研究とクリーニング
恐竜化石の研究 恐竜化石のクリーニング 恐竜化石の
クリーニング作業

 

1月31日(木) 我が家の省エネ


我が家は省エネに心がけています。その一つは、庭側の窓の下に中空パネルの張りです。
 吐き出しの開口部が大きいアルミサッシの窓です。窓ガラスはペアガラスでない上にサッシのアルミが熱伝導がよいので冷気の侵入口になっていると思い、中空パネルを張りました。中空パネルは、商品名が「ツインカーボ」で4.5mm厚のプラスチック板の内部が4mmx5mm程の穴が端から端まで全面に空いてる構造をます。この中空パネルは軽く、空気層の多いので断熱効果が大きいのでは思い、穴の両端をテープで蓋をして窓ガラスに貼り付けました。
 写真の様に、手のひらを当てると、ガラス部分は手の熱が奪われるのが感じます、中空パネルの方は手のひらが温かくなって行くようです。















































1月24日(木) OutLook2007を使い始めました



 訳が判らないメールが入るようになり困っていました。幾つかのメールアドレスので国内しか交信していないメールアドレスには訳が判らないメールが入らないのですが、海外と交信したメールアドレスにはすごい数の訳が判らないメールが入ります。
 訳が判らないメールの濁流から必要なメールをより分けるのにうんざりしていました。
 先日OutLook2007を設定して使い始めたのですが、訳が判らないメールは自動的に迷惑メールのフォルダに入ります。受信トレイにも訳が判らないメールが入ることもありますが極めて少ないです。迷惑メールのフォルダに入った物はザーと見てポイです。
 こんなのはいたちごっこでしょうが便利です。迷惑メールのフォルダに仕分けるパターンの裏をかく訳が判らないメールを作るのはさほど難しいとは思えません。
 第二次世界大戦でレーダーの出現で困ったドイツは、レーダー検出器だったかレーダー妨害器だったかを速やかに作ったと聞いた覚えがあります。
 迷惑メール自動仕分け機能も裏をかかれないように頼みます。こんな事でお金を払うのは馬鹿げていますからね。平和ボケしたことを云うなとツッコミが聞こえてきそうです。




1月18日(金) 薦被りが家に来た



 薦被りが家の玄関に陣取りました。
 四斗入りの酒樽を薦で包んいます。木で作った樽は、満々と酒を包み込み一滴も漏らしはしません。
 薦は、お化粧して、「神結」と誇らしげにお酒の名をつげています。

 酒飲みの私には憧れの物です。しかし、この薦被りにはお酒は入っていません。お酒の臭いはぷんぷんするのですが。
 実は、町内会のどんど焼きで振る舞われたお酒が入っていたのを貰ってきたのです。お酒は少し残っていましたが。
 蓋もありません。鏡割りした直後に誰かが貰っていった様です。何故か空き樽は、最後まで残っていましたので貰いました。

 満々と酒を包み込み一滴も漏らさない樽を作った職人技感心しています。e職人を目指す私には良いお手本です。
 家の者には、じゃまにされているのですが、花瓶台にしようと考えています。
 


1月11日(金) MSDNが新しくなりました


 昨年の10月頃マイクロソフトから「Visual Studio 2008 早期導入キャンペーン」のメールが入りました。
 「キャンペーン期間中は、有効なサブスクリプション期間が終了しているお客様、及び開発ツール単体製品をお持ちのお客様でも更新価格 でご購入いただけます 」とあります。
 私のMSDNの有効なサブスクリプション期間が終了して久しいので内容が旧くなっています。早速調べたのですが、組み合わせが複雑なことと言葉が判りにくいですが、次の物があることが判りました。キャンペーン期間中は、更新価格 (ソフトウエア アシュアランス) が2007年12月、更新パッケージが2008年2月です。
 @ Visual Studio Professional with MSDN Premium Subscription (ソフトウェア アシュアランス)
 A Visual Studio Professional with MSDN Professional Subscription (ソフトウェア アシュアランス)
 B Visual Studio Professional with MSDN Premium Subscription (更新パッケージ)
 C Visual Studio Professional with MSDN Professional Subscription (更新パッケージ)

ソフトウェア名 新規価格
参考(L&S)
更新価格
参考(SA)
備考
@ VsProMsdnPremiumアシュアランス:期間2年 390,600 322,350 期間1年と2年の価格差は3万円程度
開発ツールと、その周辺環境 を纏めて揃えられる
SDK、DDK、MSDN Library、Office 製品、Server 製品、テストツール、検証環境、テクニカルサポート など
B VsProMsdnPremium更新パッケージ:期間1年 367,500 294,000
A VsProMsdnProfessionalアシュアランス:期間2年 172,200 142,800 開発ツールと、検証用の Operating System を揃えられる。
SDK、DDK、MSDN Library、検証環境、テクニカルサポート など)
C VsProMsdnProfessional更新パッケージ:期間1年 173,250 115,500

 Premium Subscriptionは、使えるソフトウエアの範囲が広く、OS,開発ソフトのVisual Studio、データベースのSQL Server 、Office アプリケーション が使えます。
 ソフトウェア アシュアランスと更新パッケージの言葉が理解できなかったのですが、更新パッケージはパソコンショップで箱入りのソフトで、ソフトウェア アシュアランスはパソコンショップやヨドバシでは販売していない様です。

 私は、価格は高いのですが使えるソフトウエアが揃っていて期間が2年の、ソフトウェア アシュアランスをWEBでは販売している所を捜して購入しました。新規購入価格は39万円のところが32万円に割引になります。市場で28万円以下で購入しました。

 早速使ったのですが、アプリケーションのVisioのポインティング精度は改善されていました。これから使い込んでいきます。




1月5日(土) 新年の初仕事


 新年の初仕事ですが、元旦に家族団らんでお雑煮とお屠蘇をいただき初詣をすましてから初仕事です。
 使っているパソコンが重くなってきましたので整理をしょうとしました。
 ホームページ作成に使っているパソコンが特に重くなっています。ホームページの写真が多いからでしょうか。今までは、テキストを主に使っていたので作業時間の割にメモリ量は少なかったのですが、ホームページ作成を始めてからはメモリの使う量が増えたのでハードディスクの残りが少なくなりました。
 ホームページ作成に使っている開発用のパソコンのハードディスクの増強から始めました。160GBのハードディスクを日本橋で6000円程で買っていたのに変えます。AcronisTrueImagePersonalを使って引っ越しです。使っていたハードディスクは120GBなので、4GBの固まりが10個出来ました。最初は、アッチコッチの空きに入れようとしたのですが上手く引っ越し出来ませんでした。何回か繰り返して気がついたのですが、AcronisTrueImagePersonalは賢くないと思い、大きな空きのハードディスクに一度に引っ越しの詰め込みをしてはと試したらOKです。一日半程掛かりました。このホームページ作成に使っている開発用のパソコンのハードディスクは、120GBと40GBのハードディスクを使っていました。特にデータ記憶用の40GBのハードディスクが満タンです。仕方が無いので、160GBと80GBのハードディスク構成にしました。
 次に、インターネットやメールに使っているパソコンの40GBのハードディスクも満タンです。80GBのハードディスクは無いかと捜しましたが、空きは有りません。仕方が無いので、開発で一時的に使うパソコンのハードディスクを40GBにして流用することにしました。
 新年の初仕事は、三が日掛かって3台のパソコンのハードディスク引っ越しでした。
 パソコンの引っ越しは、空き容量を増やす以外にバックアップを取る事も目的でした。
 
 それと、2日の新聞折り込み広告に、2GBメモリ7000円と有ったので近くのパソコン工房に見に行きました。
 広告の品はDDR2メモリです。私のパソコンはPC3200メモリは1GB品が7500円です。諦めて帰りました。 WEBで調べても同じです。それでは、マザーボードを換えてはと思い日本橋に電話をしたら、Socket939はDDR2に対応してないと云われガックリです。
 2月枯れには安くなるのか、飲み代を回すのか心穏やかでは有りません。

 PC3200メモリの安いのが手に入れば、使っている0.5GBx2を玉突き的に他のパソコンのメモリ増強に使えるのにと甘い考えが絵に描いた餅になりそうです。しつこさが取り柄の私はどこまで本領発揮出来るやら。

元旦(火) 新年明けましておめでとうございます


 新年明けましておめでとうございます。
 ホームページを始めてまる1年が過ぎました。
 ホームページ作成プログラムの勉強から始めましたが、少し慣れてきました。あんな機能は無いのかと、解説本を辞書のように睨んでいます。これからも記録を続けますので今年もよろしくお願いします。
 
 今年は、USB関係を深掘りしたいと考えています。

 皆様方も良い年をお迎えください。
































ホームへ戻る

縁側日記 2008