Android(8)タブレットとFT312でUart通信


 UartモードのFT312を使い、AndroidタブレットとパソコンでUart通信しました。
 Androidタブレットのプログラムは、FTDI社が提供しているFT311D/FT312 UART interfaceサンプルプログラムを使いました。

●構成概要

 次の図は、概略構成とFT312基板の回路図です。
 Androidタブレットには、FTDI社が提供しているFT311D/FT312 UART interfaceサンプルプログラムを実装しました。 
 FT312基板には、FT312と、FT312が安定するまで信号をゲートする回路と、3.3V電源回路を実装しています。
 UART⇔USB基板は、FT321で信号を変換しています。
 パソコンは、Windowsで、TeraTermでUART通信をします。










●動作概要

 動作状況を次に示します。
 タブレットとFT312基板です。





 Androidタブレット画面を拡大しました。上が受信データ、下が送信データです。




 タブレットとFT312基板のUSB通信をモニタしました。

 3行目の8バイトデータは、Configデータで、Androidタブレットから出ます。
 6行目の3バイトデータは、abcと3文字データで、Androidタブレットから出ます。
 9、12、15行目の3バイトデータは、123と3文字データで、FT312から出ます。
 185行目の3バイトデータは、ABCと3文字データで、Androidタブレットから出ます。

 上の写真のAndroidタブレット拡大画面を見ると、受信データが123、送信データがABCと最終データが残っています。




 パソコンのTeraTerm画面です。

 Androidタブレットから受信したデータが表示されています。








ホームへ戻る