RX621のDMAでブロック転送

RX621とMAX10を実装するプリント基板を使って、DMAでブロック転送をしました。

●実験の動作と結果

 RX621のDMAで8ワードx2ブロックをブロック転送をしました。DMA起動は、ソフトウエア起動です。
 Rx621のユーザーズマニュアルにもブロック転送時の振る舞いの説明は、曖昧です。タイミング図等で説明が欲しい処です。

 ●8ワードx2ブロックのブロック転送で判った事 下図参照

  ・一回のDMA起動で、一ブロックが転送される。 nCs は、一回有効になる。今回は、8ワード。
  ・今回の様に、2ブロックをブロック転送する場合、DMA起動は2回起動する。
  ・while(DMAC1.DMSTS.BIT.ACT)文で、ACTフラッグを調べ、DMAを起動した。

 波形を見ると、8ワード/ブロックを転送するのに 665nS、一ワード当たり83nSです。
 while(DMAC1.DMSTS.BIT.ACT)文で、ACTフラッグを調べ、DMAを起動するのに、395nSです。
 2ブロックを転送するのに 1705nSなので、一ワード当たり107nSと高速です。



 



ホームへ戻る