Rx231とFt231で xprintf()を試す

Rx231とFt231で、使いやすく、移植性が好いと評判の、Chanさんの xprintf()を試してみました。


●構成と動作


 上側の写真は、Rx231を、Ft231でパソコンに接続している構成です。
 Ft231は、USB~UARTブリッジで38400ボーの速度で通信しています。

 下側の写真は、Ft231からのデータをパソコンで受けて表示したものです。
 3回データを受信しています。


 


 



●xprintf()を試すには

 xprintf()を試した構成です。
 プログラムの概略動作は、20mSのタイマをポーリングして、押しボタンスイッチの押下を検出します。
 そして、押下が有れば、メッセジをパソコンに送信します。

、xprintf()を使う関係を朱記しました。
 



 


ホームへ戻る