RX23Tで、MCP23S08からSPIで入力し、
           74HC164のLEDに表示

RX23Tで、MCP23S08のスイッチ情報をSPIで入力し、74HC164のLEDに表示しました。
 RX23Tと74HC164の接続は、シリアルです。


●実験の動作と結果

 MCP23S08に接続した8個のスイッチの情報をRX23TのSPIで入力しました。その情報を、RX23Tのポートとプログラム作ったシリアル信号で74HC164に渡し、LEDに表示しました。

 実験の構成を次に示します。
 今回、ハードウエアの追加は、74HC164と8個のLEDです。74HC164は、Serial-In Parallel-Outの8ビットのシフトレジスタです。部品箱に有ったものを使いました。74HC164の足に直接LEDを半田付けして、配線を少なくしました。

 RX23Tに限らず、最近のマイコンは、レジスタが多くなり使うのが難しくなってきましたネ。RX23TのSPIも制御レジスタが多く、最初は理解出来なかったです。

 あれやこれやで、無事解決出来ました。




 



 


●プログラム

 この実験で使ったSPI関連のプログラムを貼り付けておきます
 上から、MCP23S08の初期化、MCP23S08からのデータ入力と74HC164への転送です。


 


 


 




ホームへ戻る