RX621のDMAをIRQ2割り込みで起動

RX621のDMAをIRQ2割り込みで起動しました。
 IRQ2割り込みの元は、MAX Xで、その前はUSB Phyです。USB Phyで、SOFを捉えました。

●実験の動作と結果

 USB信号の「SOF」を捉えて、RX621のDMAでRx621のRAMに格納しました。
 USB Phyで「SOF」を捉え、 MAX Xで整理と時間調整した後、RX621にIRQ2割り込みでDMA要求します。
 RX621は、IRQ2割り込み入力で、DMAを起動します。そして、外部バスからリード信号を発行します。
 外部バスからのリード信号は、MAX Xでデコードされ、USB Phyからデータを読み取ります。

 上の様な動作を、ブロック図とロジックスコープの波形で確認しました。
 
 正常に動作出来ているのですが、IRQ2割り込みでは一回のDMA転送が400nS以上掛る事が判りましたので、
別の方法で一段の高速化を目指す必要が出てきました。


 



 



 




ホームへ戻る