GR-PEACHで TFTグラフィックLcdに表示

 「年末年始50%OFF」で購入した「ZY-FGD1442701V1-PCB」LCDを、GR-Peach に接続して動かしました。
 プログラムは、後閑著のものを殆どそのまま使わせていただきました。変更点は、IO関係が殆どです。

●構成と動作画面

 「ZY-FGD1442701V1-PCB」LCDを、GR-Peach の上に乗せて、8ビット並列インタフェースで接続しました。 
 「ZY-FGD1442701V1-PCB」は、ボード付きなので、特に問題はありません。しかし、ボードが曲者で、「ZY-FGD1442701V1-PCB」の1番が、ボードの2番に、一ピンずれて配線されています。

 プログラムは、本の指示に従いダウンロードして使いました。
 変更点は、GR-Peachの周辺回路に合うようにした事と、「main」関数関連が殆どです。



 



 



●main関数

 次に、main関数を示します。
 元のmain関数を単純にして、"Hellow Gr-Peach"をsprintf()文を使っての表示を追加しました。


++++++++++++++++++++++++++++++++

/*************************************************
* カラーグラフィックLCDの動作確認
* 128×128ドット 65k色
* 折れ線グラフでトレンド表示
* Project : THMonitor2
* バッファ拡張のためリンカファイル改版
**************************************************/
//#include "mbed.h"
#include "mbed_colorlcd_lib18j.h"
#include "imagedata.h"
//#include "ASCII12dot.h" //ASCII 12x12dot

DigitalOut myled(LED1);

/********************* メイン関数 **********************/
int main() {
int i,j;
char k;

/* メッセージデータ */
char TestMsg[] = {0xC3, 0xBD, 0xC4, 0x00}; // テスト
char IdleMsg[] = {0xF8, 0xF9, 0xEF, 0x00}; // 温湿度
char TempMsg[] = {0xF8, 0xEF, 0x00}; // 温度
char HumiMsg[] = {0xF9, 0xEF, 0x00}; // 湿度
char s[] = " ";


// ********** LCD初期化 
lcd_Init(); // GLCD初期化
lcd_Clear(0);
lcd_Image(Header1, YELLOW, BLUE); // ロゴ表示
wait_ms(1000); // 1秒待ち
// Midashi(State); // 座標表示

lcd_Str(0, 0, IdleMsg, WHITE, RED); // 両方表示
lcd_Str(1, 1, TempMsg, BLACK, GREEN); // 温度表示
lcd_Str(2, 2, HumiMsg, BLACK, YELLOW); // 湿度表示
lcd_Str(3, 3, TestMsg, WHITE, BLACK); // タッチスイッチテスト
wait_ms(2000); // 1秒待ち


lcd_Clear(0);
sprintf(s,"Hellow ");
lcd_Str(0, 0, s, WHITE, BLACK); //

sprintf(s," Gr-Peach");
lcd_Str(0, 1, s, RED, WHITE); //

while(1) {
myled = 1;
wait_ms(200);
myled = 0;
wait_us(500000);
}
}



ホームへ戻る