GR-Peach プロジューサミーティングで発表

 
 GR-Peach プロジューサミーティングが 3月31日開催されました。
 あいにく、ルネサス社の大阪研修センタが移転で東京だけの開催ため、文書での発表となりました。テーマは、「実験の友」です。
 

 

●問題点と目標

 問題点:FPGAは、高速でピン数が限られているので、データ処理のデバッグが難しい。

 
現状:FPGAの一部のピンをデバッグ用に割り当てオシロやロジックスコープで地道に調べる。
     又、FPGAの一部のロジックで試験データを発生させる。

 
目標:GR-PEACHは、動作速度は400MHzで、10MバイトのRAMを持つ。この高機能を生かした「実験の友」を作る。


 



 


●構成と外観

 次の様に、GR-PEACHにLCD,RTC,キーボードを接続した物を作りました。
 FPGAとの接続は、ピン数が少なく、動作の速いSPIです。
 FPGAへは、SpiMasterでデータを出力します。今回は、オシロで調べます。
 FPGAからのデータは、SpiSlave機能を使いRTOSのスレッドで受信します。
 


 



 


 

●動作状況

 動作状況をLCDで観測します。  上部から説明します

 ・1,2行目:RTCから読み出した時刻を表示。
 ・3行目:SpiSlaveで受信したデータを表示。
 ・4〜6行目:特に意味無し。
 ・7行目:SpiMasterから出力した内容。
 ・8行目:キーボードから入力したデータ。


 



ホームへ戻る