GR-Peachで Ft800のFT_App_Keyboardに
               リターンボタンを追加


 GR-Peachで FTDI社のグラフィックコントローラFt800のサンプルプログラム FT_App_Keyboardにリターン釦を追加しました。
 GR-Peachは、ルネサス社のマイコンを使ったmbed型のマイコンボードです。

●動作状況

 写真は、GR-Peachに FTDI社のグラフィックコントローラFt800をSPIで接続して、サンプルプログラム FT_App_Keyboardにリターンボタンを追加したものを実行している状況です。
 プログラムの変更点は、Space釦を短くして、Return釦を追加しました。



 



 

●プログラムの変更点

 変更したプログラムは、「FT_App_Keyboard.c」で次の様に変更しました。
 変更した行は、検索して確認下さい。

@SPECIAL_FUNの範囲を変更して、BtnReturn釦の認識番号を追加。


 


ASpaceの釦の巾を狭くする。そして、BtnReturn釦を追加する。

 BtnReturn釦のタッチの認識は、TAGの設定だけで完了する。便利になっている。


 



BBtnReturn釦の処理を追加する。

 今回は、画面クリアの処理を使った。






ホームへ戻る