mbed(2) @LCD、AUsbSerial、B @+A


 トランジスタ技術の付録と記事で mbed を試してみました。
 試した内容は、次に示します。
  @トランジスタ技術2014-10月号5章の「LCD」
  A同上4章の「USB」をUSBシリアルエコー化
  B @とAを組合せた「USBシリアルエコーLCD」


●@「LCD」

 トランジスタ技術2014-10月号5章の「LCD」をそのまま試しました。
 特に問題も無く次の様な結果を得ました。

 「特に問題も無く」と書きましたが、大きな問題を事前に見つけていたからです。
 問題は、下の写真に示すように、+5Vのピン番号が間違っています。私は、ピン2に接続しました。










●A「USB」をUSBシリアルエコー化

 トランジスタ技術2014-10月号4章の「USB」をUSBシリアルエコー化して、パソコンから送ったデータをmbedで折り返しパソコンに返しました。パソコンは、TeraTermを使いました。
 次の写真は、実験の状況と、戻ってきたデータの表示と、mbedのプログラムです。










●B @とAを組合せた「USBシリアルエコーLCD」

 「LCD」と「USBシリアルエコー化」を組み合わせた「USBシリアルエコーLCD」です。
 次の写真は、パソコンから送ったデータをmbedで折り返すと共にLCDに表示したものと、パソコンに帰ってきたデータをTeraTermで受信した物です。それと、mbedのプログラムと、mbedでのWebコンパイラです。













ホームへ戻る