Arduino(6) AnalogPinを使ってディジタル入出力


 Arduino Unoの入出力端子は、ディジタル入出力用にD0〜D13,アナログ用にA0〜A6が設定されている。
 今までArduinoを使ってきたが、入出力端子の不足を感じてきた。

 Arduinoは、マイコンがベースなのでアナログ用にA0〜A6がアナログ専用とは理解出来ず、ディジタル入出力用に使えるはずだと思い、書籍やWebを調べたがアナログ入出力用しか説明が目に付かなかった。
 よりしつこく調べたら、AnalogPinをディジタル入出力に使える情報がWetで入手出来たので実験した。AnalogPinがディジタル入出力に使える情報は、Webで「arduino analog pin」で検索しました。

 AnalogPinをディジタル入出力で使う実験は、ArduinoIdeのスケッチの例の中にある「toneMelody」を基本に作りました。

●実験の概要

 実験の構成を次に示します。基板は秋月電子から購入した物を、マイコンは自分でブートローダーを書き込んだ物を使いました

 スケッチは、ArduinoIdeのスケッチの例の中にある「toneMelody」を基本に、スイッチ押下毎にメロディが出るように改造したことと、AnalogPinをディジタル入出力ポートとして使うようにしました。








●試験結果とスケッチ

 試験は、目的通りに、スイッチ押下毎にメロディが出ました。OKです。
 AnalogPinをディジタル入出力として、使えることが確認出来ました。

 スケッチを次に示します。










ホームへ戻る