マイコンの学習(7) R8C/26とMCP23S08で
                     SPI通信を試す


 R8C/26でSpi接続のI/OエクスパンダMCP23S08を試しました。
 R8C/26やSpi接続やMCP23S08は、何回も使っているので特に目新しくありませんのが、この組合せで試したかったので作りました。

●動作確認した構成と回路

 R8C/26は、PCB4に実装しているの使いました。写真の右基板の左下のLSIが、R8C/26です。
 写真の左基板が、Spi接続しているI/OエクスパンダMCP23S08を実装しているものです。
 MCP23S08の基板にはスイッチも実装していますが、今回は8このLEDを使います。

 試した機能は、1秒毎に、LEDの点灯位置をシフトして行くものです。

 R8C/26関連の回路図を下に示します。









●動作と結果

 MCP23S08に接続した8個のLEDは、1秒毎に1LEDだけ点灯をシフトする動作を確認出来ました。

ホームへ戻る