マイコンの学習(6)
    R8C/25でターミナルソフトを動かす


 R8CでWebを検索していたら、サンプルプログラムが出てきた。
 ここでは、サンプルプログラムのターミナルソフトをの動作確認をしました。このソフトは、ライブラリを使って書かれている。

●ターミナルソフトの動作確認とその構成

 このサンプルプログラムは、R8C/25で動作させるように作られているので「マイコンの学習(2) R8C/25のマイコンボード作り」のページで造ったボードで動かしてみました。その構成と、動作状況を次に示します。ボードの下は、このソフトのアプリケーションノートの資料です。
 ボードは、中央にR8C/25、左上に3V動作のLCD表示器、下部にデバッガIFやスイッチとランプを配置しています。
 パソコンとは、右側に外付けしたFT232Rでシリアル通信します。






●動作と結果

 パソコンのTeraTermから文字を送信すると、上の写真の様にLCDに受信文字を表示すると共に、受信文字をパソコンに返信します。次は、その返信データを表示したものです。

 正常に動作しました。






ホームへ戻る