マイコンの学習(2) R8C/25のマイコンボード作り


 入学したeSchool/R8cで使うR8C/25のマイコンボードを作りました。
 費用の関係で、入学したのは簡易版で教材はCD−ROMとメールでの遣り取りだけで、トレーニングボードは無いのです。サンプルプログラムの確認はできないのです。
 デバッガのE9aは、H8マイコンのが有ります。そこで、秋月電子からR8C/25のマイコンを450円で買ってマイコンボードを作ることにしました。しかし、回路構成が判りません。ならば、School/R8cの教材の写真を見て部品を調べたり、Webからそれらしい資料を探して作りました。
 使えるか、どうか、判りません。サンプルプログラムを解析したら構成が判るかもしれません。
 と、とにかく作りました。

●eSchool/R8cで使うR8C/25のマイコンボード

 次は、eSchool/R8cのサンプルプログラムを試すR8C/25のマイコンボードの写真です。  
 写真は、接続したいものを接続して写しました。
 ・R8C/25マイコンを中心に、LED,スイッチ、LCDと5V→3V変換ICを実装しています。
 ・右上の子基板は、FT232を実装したUSB→Uart変換器
 ・右中央の子基板は、16個の押しボタンスイッチを実装したスイッチパッド
 ・右下の子基板は、SPIインタフェースのEEPROMを実装したメモリ








 R8C/25のマイコンボードの回路図です。
 動作電圧を3.3Vにしました。LCDは3Vで動作するものを使います。






ホームへ戻る