Rx111のMTUでロータリー・エンコーダーを制御


 Rx111のMTUは多彩な機能を持っています。今回、MTUの一部の機能を使いでロータリー・エンコーダーを制御しました。

●構成と動作

  Rx111基板、ロータリー・エンコーダー基板、Mcp23s08とLEDを実装した基板は、前に使ったものと同じです。違いは、ロータリー・エンコーダー基板のPmod口が違うだけです。
 たまたま、MTUの入力ポートが有ったので差し替えました。


 


 今回は、ロータリー・エンコーダーをMTUの入力に接続することでロータリー・エンコーダーが制御できます。必要な時にMTUのカウント値を読出し、半分にするだけです。

 便利ですね!MTUは、24MHzで動いているので取りこぼしの心配が有りません。


 


●MTU制御のプログラム

 MTU制御のプログラムは次の様です。
 初期設定して、Mainループで読み取るだけです。


 

 

ホームへ戻る