スマートLEDで6個のRGBLEDを制御


 マートLEDで6個のRGBLEDを制御した。
 6個LED x 3色で合計18個LEDをPWM方式で輝度の制御をしました。


●構成と動作


 写真は、6個LED x 3色で合計18個LEDをPWM方式で輝度の制御をしている状態です。
 6個のRGBLEDが、20秒程度の周期でいろいろな色と輝度を変化させています。

 構成図で、RX111の動きを見てみましょう。
 LEDを滑らかに変化させるため100mS毎に表示の更新と、表示データの計算をしています。
 表示データの計算は、6個LED x 3色で合計18個LEDの場合、18個のストリング調光制御データをROMに持ちます。このストリング調光制御データは、スレッド番号と繰り返し回数のセットを複数セットを持ち表示の流れを制御します。
 スレッド調光制御データは、制御、セル時間、先頭レベル、終了レベルのセットを複数セットをROMに持ちます。このスレッド調光制御データは、指定期間中の輝度を制御します。
 ストリング調光制御データは、スレッド調光制御データを参考にして各LED毎の時間毎の輝度を計算して表示します。



 


 


●スマートLEDの表示

 次の写真は、RGB LEDの表示を時系列にしたものです。色の変化や輝度の変化がみられます。





 


 


ホームへ戻る