Rx111とTB62781でスマートLEDを作る


 パチLEDを触っていたら、基板を発注していました。名称はスマートLEDとしました。


●構成と動作

  Rx111で、RGB LED表示データを作って、SPI通信でTB62781に送り、RGB三色LEDで表示します。
 TB62781は、表示データに従ってPWM方式で輝度を制御します。PWMは、1/128単位で制御できます。
 この写真では、LCDに表示の様に、16/127のPWM値でLEDを点灯しています。0/127では、消灯です。
127/127のPWM値は、常時点灯です。

 下側は構成図です。RGB LED表示データは、スイッチ操作で作り、滑らかな光の変化を期待して100mS毎にSPIで送ります。



 




 



 

ホームへ戻る