プリント基板作り(11)
    5回目のプリント基板が出来てきました


 5回目のプリント基板が出来てきました。
 今回は、発注してから入着まで1.5ヶ月以上かかりました。秋の連休にかかったことと、香港郵便で1週間滞留したことが大きな原因です。
秋の連休は、私が知らなかっただけですが、香港郵便での1週間の滞留は判りません。日本郵便に電話で問い合せても判りませんでした。いつもは、3日ばかり滞留するのですが、尖閣諸島関係かなと勝手に思ったりしています。
 入手したものは、見た範囲では特に問題なさそうです。

●5回目のプリント基板の概要

 今回は、 プリント基板のサイズ10x10Cmに 3つの回路を組込み、Seeed Studio社に注文しました。
 プリント基板サイズ10x10CmのSeeed Studio社の価格は、9.9 + 15 = 24.9ドルです。今回も、8.1ドルの送料を無料にするため、50ドルを超えるようにケーブル等を購入しました。APR9600を使った音声レコーダを13ドルで購入しましたが、80円/ドルとすると1040円になり、秋月電子で購入するのと変りがありません。送料は無料になったので単純に喜んでいます。

 写真の上は、送られてきたプリント基板です。写真の下は、切断冶具と金鋸と使って切断した3つの回路の表と裏面です。
 今回は、プリント基板の間に薄い紙が挟まれていました。品質に配慮してるのでしょうか。。




 切断した基板の表面と裏面です。裏面にも部品を配置しました。私にでも両面実装ができるようになりました。






ホームへ戻る